カルチャー

25年以上の対候性がある防草シート 耕作放棄地を利用した太陽光発電所や家庭の雑草対策に

25年以上の対候性がある防草シート 耕作放棄地を利用した太陽光発電所や家庭の雑草対策に 画像1
環境機材販売 防草シート「ネクスト」

 

 環境機材販売(東京都江東区)は、高機能防草シート「ネクスト」を発売した。

 通常、防草シートの多くは、対候性が低く、3~5年で劣化し、張り替える必要があるが、「ネクスト」は一般財団法人日本ウエザリングテストセンターが実施した試験で、25年以上の対候性があることが確認された、としている。1平方メートル当たり税・送料別で350円と、比較的、低価格に設定した。

 主な用途としては、太陽光発電所や農地、一般住宅などを想定している。太陽光発電は用地を求めて自然を破壊する、との批判もあるが、全国に40万ヘクタール以上あるといわれている耕作放棄地に排水構造を造り、「ネクスト」をかぶせるだけで太陽光発電所として利用できるようになる。シートに穏やかな透水性を持たせ、豪雨時は少量の雨は透過するが、多くの雨はシートの上を流れる機能を持たせた。雨水桝から排水することによって土砂崩れの危険性を軽減できるという。

 家庭の植栽向けにも利用できる。花を植えた場所以外を覆うため、雑草が生えず、手入れがしやすくなる。シートの上からベイマツの皮を一面にまくことで防草シートが隠れ、通常の花壇と変わらない状態になる。