カルチャー

11月26日から2022年度「音楽奨学支援」のエントリー開始 ヤマハ音楽振興会が 月20万円を支給

11月26日から2022年度「音楽奨学支援」のエントリー開始 ヤマハ音楽振興会、月20万円を支給 画像1
ヤマハ音楽支援制度2022年度「音楽奨学支援」

 ヤマハ音楽振興会(東京都目黒区)は、音楽を学ぶ学生らに支援金を提供するヤマハ音楽支援制度の2022年度「音楽奨学支援」について、対象者のエントリーを11月26日から12月9日まで受け付ける。

 ヤマハ音楽振興会は、音楽文化の向上を目的に1999年からヤマハ音楽支援制度を設け、将来音楽界で活躍が期待できる学生に奨学金を提供する「音楽奨学支援」と、音楽の研究者を支援する「研究活動支援」を行っている(「研究活動支援」は現在休止)。

 2022年度の「音楽奨学支援」は、5~8人の採用を予定。2022年4月から最長2年間、月額20万円(返済不要)が支給される。応募条件は、2022年4月1日現在で13歳以上、25歳以下の音楽学習者。日本国籍で国内外の教育機関で音楽を学ぶか、外国籍の場合は日本の教育機関で音楽を学ぶ人が対象。専攻楽器と音楽ジャンルは問わない。

 1次選考(書類、映像審査)、2次選考(映像、面接審査)を経て来年3月下旬に採用が決まる。2021年度は海外でピアノ、バイオリンなどを学ぶ5人が選ばれている。

 エントリーはウェブと郵送で行う。