カルチャー

オンラインで匠の技を楽しもう 「ものづくり・匠の技の祭典2021」

瓦コースター

 伝統的な匠の技やものづくりの技能・技術の魅力を味わえる東京都主催の「ものづくり・匠の技の祭典2021」が、12月18日(土)・19日(日)10時から17時までオンラインで開催される。視聴無料。

 2日間にわたり、ステージA・Bの2つのチャンネルで匠の技の実演をライブで配信し、12月に開催されるTokyo技能五輪《アビリンピック2021》にちなんだ作品も登場する。

 注目は「オートクチュールコレクション タクミジャパン2021」(18日・Aチャンネル10時10分~10時40分)。洋裁の匠の作品によるファッションショーで、祭典サポーターの武田玲奈さんを迎え、華やかなステージを繰り広げるほか、吉本興業の芸人たちが楽しく盛り上げる。

祭典サポーター/女優 武田玲奈さん よしもとの芸人たち

 「It’s hari technique fusion」(18日・Aチャンネル13時30分~14時)は、椅子の製造及び張替・修繕などを行う「椅子張り」の技を披露するステージ。椅子張りの発祥の技能から現代の技能まで紹介し、現代のテクニックで技能五輪東京大会のシンボルマークを作成する。

 「タイルの匠の技」(19日・Bチャンネル13時~13時30分)では、1級技能士・東京マイスター・ものづくりマイスターたちが、張り付け施工から紙はがし作業を熟練の技で手際よく行う技を披露。モザイクアートでカラフルに表現した技能五輪東京大会のマスコットキャラクター「わざねこ」を完成させる。

Tokyo 技能五輪・アビリンピック2021マスコットキャラクター「わざねこ」

 そのほか、衣・食・住などの多様な匠の技の実演ステージや作品、東京の伝統工芸品、未来の匠を目指す職業訓練校の生徒作品などの紹介や、工業高校生によるマイコンカーラリーなど盛りだくさんの内容。各匠から視聴者へのプレゼントも。女性用浴衣、国産ヒノキを使用した長椅子、淡路瓦コースター、銅製折り鶴、モザイクアートによるトレイ…など匠の技を駆使した製品や、自宅で楽しめる体験キットなど魅力的なプレゼントに応募できる。

板金の折り鶴

 イベントに関する問い合わせ「ものづくり・匠の技の祭典 2021 制作事務局」、電話:0(6427)5666、メール monozukuri-takumi-expo@yspinc.jp。営業時間は平日10時~17時、土日祝休業(祭典当日の2日間は営業)。