カルチャー

新潟・佐渡金銀山の世界文化遺産登録を応援 ブルボンから佐渡の名所ラベルの天然水が登場

佐渡応援天然水500ml
佐渡応援天然水500ml

 新潟県柏崎市に本社を構える食品製造企業・ブルボンが、同県・佐渡金銀山の世界文化遺産への登録を応援! 佐渡の観光名所のデザインラベルのミネラルウォーター「佐渡応援天然水500ml」を12月7日(火)に発売する。オープン価格。

 16世紀半ばから本格化した佐渡の金銀山開発。江戸時代には日本最大の金銀山として世界有数の産出量を誇り、江戸幕府の財政を支えた。また、400年以上にわたって輝き続けた金の島・佐渡では鉱石の採掘や金銀の製錬だけではなく、貨幣の鋳造も行われており、その一連の技術工程が一つの鉱山で完結していたことが大きな特徴。人類が獲得したほぼ全ての鉱山技術を見ることのできる遺跡と、その鉱山を支えた人々が暮らした鉱山集落や鉱山都市の景観が今も残されている。

佐渡金銀山天然水ラベル
佐渡金銀山天然水ラベル

 「佐渡応援天然水500ml」は、食品安全マネジメントシステムの国際規格「ISO22000」の認証を得た羽黒工場の製造ラインで生産。ペットボトルも工場内で製造し、深井戸から採水した水をそのままボトルに直詰めし、包装、出荷の一貫した生産を行っている。ラベルのデザインは3種類で、メイン画像は「佐渡金銀山」「羽ばたくトキ」、佐渡の入り江にあり赤い橋でつながれる「矢島・経島」。サブ画像として、鉱山の近代化に貢献した「北沢浮遊選鉱場」、佐渡の伝統工芸「鬼太鼓」、国の「重要伝統的建造物群保護地区」に指定されている宿根木集落の有名な建築物「三角家」が採用されている。

佐渡金銀山天然水ラベル
佐渡金銀山天然水ラベル

 新潟県内の量販店・ドラッグストア・小売店・売店などのほか、ブルボンオンラインショップで販売。オンラインショップでの取り扱いはケース単位(24本入り)。ケース販売価格は2,592円(税・送料込み)。1ケースに3種のデザインがランダムに入る。売り上げの一部は佐渡市世界遺産推進基金に寄付される。

佐渡金銀山天然水ラベル
佐渡金銀山天然水ラベル