カルチャー

「なめらかエコノミー人材」の育成に向けて「さとのば大学」とCAMPFIREが連携 お金がなめらかに流通する社会の実現を目指す

「なめらかエコノミー人材」の育成に向けてCAMPFIREと連携 アスノオト、新たな関係人口創出を目指す 画像1
アスノオト 「さとのば大学」

 

 人材育成事業のアスノオト(東京都千代田区)が運営する「さとのば大学」はこのほど、お金が潤滑に流通する社会を目指す「なめらかエコノミー人材」の育成に向けたプログラム開発を、CAMPFIRE(東京都渋谷区)と連携し、「CAMPFIRE パートナーシッププログラム」の締結をした。

 オンライン講義で地域プロジェクトを学ぶ「さとのば大学」が開始するプログラムは、お金がなめらかに循環する社会をつくる人材を「なめらかエコノミー人材」とし、新たな関係人口創出を目指し、実践的になめらかエコノミーに参加できる仕組みを学ぶ内容だという。

 開講するプログラムは「小さなプロジェクト×なめらか経済がつくる、楽しいが巡る仲間づくり」をテーマに、「『なめらかエコノミー』の定義について」(1回目)、「クラウドファンディングの事例やノウハウについて」(2回目)、「クラウドファンディング起案者をゲストにワークショップ」(3回目)、「『なめらかエコノミー』な社会をつくる視点にたち、プロジェクトの種をブラッシュアップする」(4回目)を1カ月で学び、日常的なプロジェクトに挑戦できる土台作りを習得するという。

 今回の連携を受け、CAMPFIRE執行役の篠原陽子氏を迎えたキックオフセミナー「出す人ももらう人もうれしい『なめらかエコノミー』って?」を、2022年1月24日(午後7~8時)にさとのば大学YouTubeキャンパスで配信する。