カルチャー

フィン・ユール椅子 2022年夏の企画展

フィン・ユール《イージーチェア No.45》 1945年デザイン、織田コレクション
フィン・ユール《イージーチェア No.45》 1945年デザイン、織田コレクション

 シンプルで機能的でありながら、その線や曲線の美にひかれる人が多い北欧の家具。東京都美術館では、 2022年夏の企画展として「フィン・ユールとデンマークの椅子」を開催する。会期は2022年7月23日~10月9日。

 デンマークのデザイナーのなかでも、フィン・ユール(Finn Juhl 1912-1989)は、ひときわ美しい家具をデザインしたことで知られている。優雅な曲線を特徴とするその椅子は、「彫刻のような椅子」とも評され、身体を抽象化したようなやわらなかフォルムは座って心地よいばかりでない。彫刻作品にも似た存在感を放ち、建築や美術、日用品と濃密に響き合いながら、空間の調和を生み出す役割をも果たしている。

フィン・ユール《イージーチェア プロトタイプ》 1948年デザイン、織田コレクション
フィン・ユール《イージーチェア プロトタイプ》 1948年デザイン、織田コレクション

 企画展では、デンマークの家具デザインの歴史や、その豊かな作例が誕生した背景を探るとともに、フィン・ユールのデザインの魅力に迫る。椅子のデザインだけでなく、自邸の設計や店舗、オフィスのインテリアデザイン、そしてアイデアを伝えるために描いた水彩画も見ることができる。観覧料、開室時間、休室日などは、決定次第ウェブサイトなどで公表する

フィン・ユール《ボーンチェア No.44》 1944年デザイン、織田コレクション
フィン・ユール《ボーンチェア No.44》 1944年デザイン、織田コレクション