おでかけ

深海生物の魅力を知る ユニークな特徴が持つ意味

main

 暗くて冷たくて水圧が高い深海にすむ生物は、姿からして独特なものが多い。実際に目にする機会が少ない彼らを知ることができるイベント、「ゾクゾク深海生物2022」が2022年1月14~3月6日、サンシャイン水族館(サンシャインシティ・東京)で開催される。

 わずかな光しか届かない水深200m以深の深海で生存する生き物の中には、浅瀬の生き物とは異なるユニークな特徴を持つものがいる。その特徴が、深海で生きる上でどのような利点や意味を持つのかを、カテゴリーごとに生体、標本、模型展示を通して分かりやすく解説する。

ゾクゾク深海ツアー

 また、近年深刻化する海洋プラスチックゴミ問題について、品川女子学院の中高生が考えたオリジナルの漫画で紹介する。

 深海生物は生息水温が低いため、海水の表面水温が下がり、深海生物への影響が最も少ない冬にしか採集できないという。この季節だからこそ見ることができる生体展示やバックヤードツアーなど、盛りだくさんのコンテンツだ。料金はサンシャイン水族館の入場料のみ。ゾクゾク深海ツアー、深海トークは有料。詳細は水族館ウェブサイトで。