カルチャー

『こびとづかん』15周年、『こびと大図鑑』10万部を記念して 東京・原宿でポップアップイベント

HLkxcalH8MUPEz9rrEOo

 誰もいないのに視線を感じたり、家族のだれもやった覚えが無いのにトイレットペーパーが三角に折られていたりしたら…。 正体不明の不思議な出来事は、もしかしたら「コビト」の仕業かも…。2006年に初めて出版された絵本『こびとづかん』(なばたとしたか・作、ロクリン社・東京)の中で、主人公の「ぼく」が見つけたのが、昆虫でも植物でもない不思議な生き物「コビト」。初めて見ると一瞬「ぎょっ」としてしまうインパクトのあるビジュアルで、一大ブームを巻き起こした。現在も、純粋に「コビト」の存在を信じる子どもたちやその家族を中心に愛されている。また、総勢240種・266体のコビトを掲載し2015年に刊行された『こびと大図鑑』は累計部数10万部を突破した。

18vsKdnjxCpdNTGgDLDw iBTLSmNLw5E9RzRFmmIy

 この『こびとづかん』15周年と『こびと大図鑑』10万部を記念して、1月25日(火)から1月31日(月)までの1週間、東京・渋谷区の「ラフォーレ原宿」1.5階 BASE Lab.で、「こびと百貨店 POP-UP in ラフォーレ原宿」を開催。新グッズの発売や、カプセルトイ「こびとづかん おすわりマスコット」の先行再販、15周年にちなみ15体限定「タカラコガネ アルミ切削フィギュア」の展示などを行う。

UaH4NUChR4cfTyJKHv4s

 また、期間中、税別1,500円購入ごとに1枚、シリーズ作家でこびと研究家のなばたとしたか氏のオンラインサイン会への参加抽選券が渡される。会期終了後の抽選で当選(40人を)すると、Zoomでのオンラインサイン会(2月下旬~3月上旬頃を予定)に参加できる。オンラインサイン会では、なばた氏と画面を通して話しながら、好きなコビト1体のイラストとサイン、宛名(個人名、家族全員の名前も可)を画面の前で描いてもらえ、サイン会終了後に届けられる。

3Ty3kxnhGNVIoQpiUl8b

 詳細は、こびとづかん公式のサイトTwitterに随時掲載される。