カルチャー

「共通テスト」を東進が分析 英語リーディングは情報処理力と文化的多様性が重要に!

Screenshot 2022-01-25 at 22-19-11 _prw_PI7lg_O0Jd1usz gif (GIF 画像, 800 × 394 px)

 今年2年目を迎えた大学入学共通テスト。東進ハイスクール・東進衛星予備校を運営するナガセ(東京都武蔵野市)は、1月15日(土)、16日(日)に実施された「令和4年度大学入学共通テスト」の結果を分析し、「東進ドットコム」で公開している。その中から、英語リーディングの出題傾向を紹介したい。

 昨年は、SNSやメールなど、メッセージのやりとりを扱ったコミュニケーションテーマ問題が4題出題されたが、今年はなく、名称・場所・日時・イベント・順序などの情報を正確に把握、処理する情報処理型問題が増加。大量の情報の中から、いかに必要な情報が書かれた箇所やその中のキーワードを的確に照合できるかが問われた。

 それは冒頭の第1問Aに顕著。昨年は、2人のショートメッセージのやりとりから発信者の意図を把握したり、適切な返信文を推測したりする問題を通して、コミュニケーションを交わす2人の意志や状況を把握することが求められた。一方、今年は、ブラジルの果物を紹介する料理本から情報を探し出す問題に変更されている。イラストではなく写真が使用されたのも、一昨年までの「センター試験」を含めて初めてのことだった。

 また、問題文中に登場する国家や地域・文化の種類に関しては、昨年はほぼアメリカとイギリスのみだったが、今年は大幅に増加。文化的多様性が明確に表れた内容となっている。総単語数も約6,100語で、一昨年のセンター試験(約4,300語)の1.4倍以上、昨年(約5,600語)から約500語増加した。限られた試験時間で、大量の英文を読み必要な情報を見つける力が、より求められた。

 昨年と比べ、数学や生物など特に理科系の問題が難化したことは大きく報じられたが、英語リーディングの平均点は、61.81点(昨年58.80点)、前年差+3.01という結果になっている。