カルチャー

85歳で27年ぶりの新作を公開 恐怖マンガのパイオニア楳図かずお

楳図かずお特集の「芸術新潮」2月号と、付録の“楳図がつくった”特製リーフレット。
楳図かずお特集の「芸術新潮」2月号と、付録の“楳図がつくった”特製リーフレット。

 恐怖マンガのパイオニア、マンガ家の楳図かずお氏が、なんと27年ぶりとなる新作を発表する。101点の連作絵画。これをいち早く知ることができる芸術新潮2月号(新潮社)が発売された。

 『漂流教室』『わたしは真悟』など不朽の名作を生み出してきた氏の最後のマンガ連載、『14歳』が完結したのは1995年9月。それから半世紀以上が経った今、発表される新作のタイトルは、『ZOKU-SHINGO 小さなロボット シンゴ美術館』。名作『わたしは真悟』の続編だ。

sub1
「芸術新潮」2022年2月号

 この作品は、1月28日に開幕する「楳図かずお大美術展」(会場:東京シティビュー)で全101点が公開されるが、それに先だち、芸術新潮では80ページにおよぶ大特集を組んだ。新作の一部を見せつつ、美術批評家・椹木野衣氏が、なぜ今回は絵画だったのか、タイトルの意味、作品に込められた思いなどを楳図氏にインタビューしている。“楳図がつくった”特製リーフレットが付録だ。税込み1,610円。