おでかけ

ずらりと並ぶ圧巻の紅白盆梅 滋賀・長浜の新春風物詩

img_293006_1

 季節を感じる木々や花を眺めると、心が落ち着く。滋賀県・湖北地域の新春の風物詩、「長浜盆梅(ぼんばい)展」(長浜観光協会・滋賀県長浜市)が今年も開催されている。135年を迎える慶雲館のお座敷に、紅白の盆梅がずらりと並ぶ姿は圧巻。1月29日からは、夜間特別企画「盆梅×竹灯り」もスタートする。

img_293006_2

 盆梅展は今年で71回目の開催。展示されている約90鉢は、期間中咲き具合を見て順次入れ替えられる。夜間ライトアップの間は、幻想的な竹灯りと盆梅展との競演を楽しめる。新館では、昨年に引き続き、米原在住の切り絵作家・早川鉄兵さんとのコラボ展示もある。盆梅展にちなんだ俳句を募集する俳句まつりも開催中。

img_293006_3

 入場は大人800円、小中学生400円 (団体20人以上2割引)。着物で来場すると入館無料。一足早い春を感じることができそうだ。