カルチャー

11月23日は何の日? 幸せを願う気持ちが詰まったご飯とは

img_116106_1 11月23日といえば勤労感謝の日だが、「お赤飯の日」でもあるって知ってた? 古くは皇極天皇(642年在位)の時代に、11月23日の新嘗祭(にいなめさい)に赤飯の起源といわれる赤米などの五穀を、その年の収穫に感謝して奉納した記録があり、今でも五穀を奉る伝統が残っている地域もあるという。赤飯文化啓発協会(東京)は、勤労感謝の日に働く人や家族への感謝の気持ちを込めて、みんなで赤飯を食べてもらいたいと、赤飯の無料配布会を東京・明治神宮で実施する。赤飯の原料であるもち米、小豆、小豆の煮汁などの展示や、赤飯の歴史の紹介なども行う。

 最後に赤飯を食べたのはいつだろう?という人は、久しぶりに食べてみる?

img_116106_2 実施概要

日時:11月23日(水)11:00~/14:00~

場所:明治神宮参道文化会館脇

頒布数量:各1,000食、先着順