カルチャー

鏡餅ってどうして丸くて2段なの? お餅の季節におすすめの行事絵本

もちくんのおもちつき 冬、特にお正月以降は鏡餅、雑煮などお餅を食べる機会が増える。ところで、「鏡餅はどうして丸いの?」、「どうして2段なの?」などと子どもに聞かれたら、あなたは答えることができる? これからの季節にピッタリの『年中行事えほん もちくんのおもちつき』(日本地域社会研究所、税別1400円)は、主人公の「もちくん」が仲間たちと繰り広げる楽しいストーリーの中で、「お餅つき」への子どもたちの興味や理解を育ててくれる。意外ときちんと説明できない「餅つきと鏡餅」の由来についての解説もついており、大人にも役立つ絵本だ。3歳ぐらいからの小さな子はもちろん、小学生にもおすすめ。読み聞かせの絵本の候補にもどうぞ。発売は12月5日だ。

 お正月はもちろん、ひな祭り、端午の節句、お月見など、年中行事につきものの「お餅」は、故郷や家族を思い出し、温もりを感じさせてくれる。お餅を通して「日本っていいね!あったかいね!楽しいね!」と感じる輪を広げようと誕生したのが、まんまるやさしい雰囲気のキャラクター「もちくん」だ。SNS(facebook、instagramなど)を中心に、「もちくん」ファンの輪もじわじわと広がっている。

HP
Facebook
LINEスタンプ
■もちくん テーマソング

Copyright 2016© SunWood All Rights Reserved