カルチャー

アレルギーに悩む人は情報収集しよう 無料参加できるアレルギーEXPO

img_117598_1 食物アレルギーやシックハウス症候群、化学物質過敏症など環境由来の健康問題は誰しも無縁ではないが、いざ当事者になった時に、情報収集に苦労することがあるかもしれない。東京・大田区産業プラザPiO 大展示ホールで12月15日(木)・16日(金)の2日間、「第2回みんなのアレルギーEXPO 2016」が開催される。患者会、企業やNPOなどの法人が多数出展するので、ネット情報ではなかなか得られない、顔を合わせての情報収集や、同じ思いを抱える患者や家族の交流なども期待できそうだ。

img_117598_2 当日予定されているセミナーの一部を紹介すると、「アレルギーを持つ当事者や家族がどのようなことに悩み、周りの人たちはどんなサポートができるのか」、「衣類の繊維に含まれる有害化学物質についてのお話」、「家庭でできる食物アレルギー対策」、「災害とアレルギーのワークショップ」など、当事者以外にも興味深い内容。紙芝居や工作教室などの子ども向けイベントや、アトピーの人が自分に適したメーキャップの仕方をアドバイスしてもらえる美容コーナーなどもある。昨年の開催で、1日限定ながら来場者数が1000人を超す盛況だったため、2回目の今回は2日間開催することになった。