カルチャー

階段が海の中に~ おさかなトンネル

d20364-76-975014-0 東京のサンシャイン水族館で、1階から2階にあがる階段がまるで海の中にあるような、リアルな“水中感”を映像とサウンドで演出する「おさかなトンネル」がスタートした。

 海の中の生き物の展示を中心とした館内1階の「大海の旅」と、水辺の生き物を展示した2階「水辺の旅」の2つの世界をつなぐ場所。階段をあがることで、水中から水辺へとあがっていくような”水中感“で、見渡すかぎりの海中空間をリアルな映像とサウンドで作ってある。

 階下から見上げると、たくさんの小魚の群れが渦を描きながら階段をあがる人々を包み込み、ペンギンやアシカ、エイなどの生き物も登場する。魚たちが泳ぐときに生まれる海の泡や波の音なども、リアルなサウンドで表現。小魚たちの泳ぐスピードの変化や、生き物たちが自分に近づいてくる様子など、展示水槽を見るだけでは体験できない面白さを実感できる。