グルメ

フランス生まれの果汁炭酸 サントリー「オランジーナ」リニューアル

l_sbf0506-2 ここ数年、果汁や果汁ピューレ入りの「果汁炭酸」飲料をよく見かけるようになった。若者の飲み物というイメージの強かった炭酸飲料だが、サントリー食品によると、最近では40代以上の“大人世代”による「果汁炭酸」の購入本数が伸びているという。そんな中、同社は果汁入り炭酸飲料「オランジーナ」を、より果実感が楽しめる“大人のためのオレンジスパークリング”へとリニューアルし、3月28日に発売する。オレンジを手で搾ったような爽やかな香りと果実繊維を強化し、搾りたてのオレンジのような豊かな果実感を実現。独自のブレンド技術により、果実由来の複雑な味わいや自然なほろ苦さが楽しめる。1.2Lペットボトル320円、420mlペットボトル140円、340ml缶115円、160ml缶70円(いずれも税別)。

l_sbf0513-2 1936年にフランスの地中海沿岸で誕生し、日本では2012年に発売された「オランジーナ」。同社は、フランスのバカンスの味として愛されてきたオランジーナを日本でもバカンス気分で楽しんでもらおうと、3月のプレミアムフライデーに合わせてイベントも予定している。3月31日(金)から4月2日(日)限定で、二子玉川ライズ 中央広場で「オランジーナバカンスカフェ with フィガロジャポン」をオープン。新オランジーナ、新オランジーナにラズベリーソースとしょうがを加えたアレンジドリンク、南仏のサンドイッチ「パンバーニャ」などの販売、パリのセーヌ川岸に並ぶブリキ製の古本屋「ブキニスト」をイメージした本の展示などを行う。4月1日には女優・常盤貴子さんをゲストに招いたトークショーも開催予定。

l_sbf0513-1b■「オランジーナバカンスカフェ with フィガロジャポン」

・場所:二子玉川ライズ 中央広場(東京都世田谷区玉川1-14-1)

・実施期間:3月31日(金)~4月2日(日)10時~18時 ※31日(金)のみ15~18時。

・雨天決行(荒天中止)

l_sbf0513-1a