おでかけ

皆既日食見に行く? 米ナッシュビルへ

39224251 - total eclipse of the sun

 この夏、皆既日食が観測できる。中でも、見るのに適しているといわれる米・テネシー州、ナッシュビルへの4泊5日のツアーをベルトラ(東京)が発売した。

 今回の日食は、北太平洋の東側、北米大陸、南米大陸の北部から、西ヨーロッパの一部までと広範囲で見ることができる。北米大陸では、8月21日に、西から東へ横断する帯状のエリア(オレゴン、アイダホ、ワイオミング、ネブラスカ、ミズーリ、イリノイ、テネシー、サウスカロライナ州)で、月が太陽を完全に覆い隠す「皆既日食」の観測が可能となる。

62646684 - skyline of downtown nashville, tennessee, usa.

 ツアーは、テネシー州ナッシュビルでの皆既日食の観測(日本語ガイドの案内付)が含まれた、4泊5日のパッケージ。ナッシュビル国際空港からの送迎、半日市内観光ツアー、4泊分の宿泊と2日間の自由行動だ。ナッシュビルは、2分30~40秒の観測が可能な上に、8月は降水量が少ないため、アメリカ本土の中でも皆既日食の観測に適した場所と言われている。殿堂博物館や歴史あるレコーディングスタジオ「RCA Studio B」など、カントリーミュージックの本拠地としての見どころも多く、音楽好きな人にも人気の場所だ。

 次に皆既日食が観測できるのは2019年のチリ、アルゼンチン。日本からはかなり遠い。見に行くなら、この夏は良いタイミングだ。