デジもの

機能満載のヤマハ最新ネットワークレシーバーに姉妹機が登場

08.03 ネットワークレシーバー_ヤマハR-N303-01 先に上級価格帯のネットワークレシーバーR-N803(11万円、税別)を発表したヤマハから、姉妹機となるR-N303が続いて登場する。価格は4万9,000円(税別)で、N803と同じ8月下旬の発売。

 同社のハイエンドクラスと同等の高音質設計をほどこした本体構造、同類の機器では初めてとなるリスニングの環境を整える自動音質補正などのフィーチャーこそ省かれているが、Bluetoothなどの豊富な機能や音質を追求した回路設計などを受け継いでいる。

 80W×2のアンプ回路は、ICを使わずパーツにもこだわって組み上げたディスクリート構成。各回路を電源になるべく近いところに配置したり、信号経路を短縮化するなど、基本に忠実な信号ロスを抑えた設計にしている。

 ネットワーク機能はN803と同等。NASやPCからのDSD5.6MHzやPCM192kHz/24bitのハイレゾやMP3などのファイル音源が楽しめるほか、radiko.jpプレミアムやSpotify Connect、airable.radioなどのストリーミングサービスやインターネットラジオにも対応している。また、Bluetooth、Wi-Fiにより、ワイヤレスを活用したスマホなどの音源の再生、システムコントロールなどができる。

08.03 ネットワークレシーバー_ヤマハR-N303-02 ワイドFM/AMチューナー、手持ちCDやテレビの音をグレードアップするデジタル音声入力、レコードプレーヤーがつなげるフォノ入力(MM)なども備え、さまざまなソース、機器に対応している。消費電力180W、サイズは幅435×高さ141×奥行340mm、重さ7.2kg。