デジもの

自分だけの音にカスタムチューニングできるイヤホン

1214 イヤホン_ファイナル-make1 ハイエンドからリーズナブルタイプまで、大型量販店の棚からあふれるほどの数があるイヤホン。この中から自分の好みの音、フィット感の製品を探すのは簡単ではない。

 オーディオ機器のS’NEXT(川崎市)は新しい考え方のイヤホン、「Make」シリーズのプロジェクトをクラウドファンディングサイト「Makuake」でスタートさせた。

 新シリーズにラインアップされているMake1、Make2、Make3は内部に組み込まれた音響フィルターが自由に入れ替えできるようになっている。このフィルターの組み合わせによりMake1で77通り、Make2と3では847通り以上の音に調整することができるという。

1214 イヤホン_ファイナル-make2 Make1は3基のBA(バランスドアーマチュア)ドライバーを使った3ウェイ、2はダイナミック型とBA型のハイブリッドによる2ウェイ、3がダイナミック型フルレンジ。いずれもケーブルはMMCX端子の着脱式で断線などのトラブルに対応できる。また、本体も分解可能な構造なので修理もできるようになっている。フィルターの交換やチューニングについても解説がある詳細なマニュアル、フィルターのほか、交換のためのピンセット、ドライバーも付属。

1214 イヤホン_ファイナル-make3 一般の販売予定価格は、Make1が5万9,800円(税込み、以下同じ)、Make2が3万2,800円、Make3が1万6,800円。ただし、クラウドファンディング方式はサイトで製品化についてサポート(購入の予約申し込み)をする仕組みとなっており、先行予約の特典としていわゆる早割り価格での提供を受けることができる。サポーター募集は来年の3月30日まで。