デジもの

アナログ時計ヘッドを付け替えられるスマートウオッチに活動ログ機能の強化型

03.05 スマートウォッチ_ソニーwena-erist-active-with-head-sub2 ソニーは、スマートウォッチwena wristシリーズの新モデル「wena wrist active(WA-01A/B)」を、3月9日に発売する。GPSや心拍センサーを内蔵したアクティビティログ(活動記録)機能を強化している。価格はオープンで、店頭などでは3万円前後となる見込み。

 wena wristは電子マネーやアクティビティログ機能などを持ったリストバンド型で、新モデルactiveは内蔵の加速度センサーによる歩数や消費カロリーと、GPSと光学式センサーによる移動経路、平均速度、心拍数なども計測、記録しておける。睡眠状態も計測できて、スマートアラーム機能では眠りに合わせてアラームを動作させられる。電子マネー機能により、ランニング中の飲み物を買うための小銭を持ち歩く必要がない。スマホ(アプリ)と連携して、電話、メール着信やSNS更新などの確認もできる。03.05 スマートウォッチ_ソニーwena-erist-active-scene

 シリーズの特徴であるハイブリッド型、つまりいろいろなデザインのヘッド(アナログ針式時計)が付け替えられる機能をもっていて、クロノグラフ型やトラディショナルな3針式など、さまざまなバリエーションから、使うシーン、ファッションに合わせて選ぶことができる。