デジもの

動画も録れるコンパクトなICレコーダー

04.03 録画付きICレコーダー_フィリップス8010-1 スマホでも音声や動画は録れるが、いちばんの悩みは大容量のデータが本体メモリーを圧迫してしまうこと。また、ビジネスの場ではスマホで録るというのが、なんとなくそぐわないこともある。そんなときにも、簡単にかつしっかりと記録できる動画撮影機能を備えたICレコーダーが、欧州の名門家電ブランド、フィリップスから4月13日に発売される「VTR8010」(オープン価格)だ。日本での取り扱いはパソコンやスマホ関連アイテムのSTAYERホールディングス(東京)。

 高精細1280×720の映像とCDを上回る高品位な音(リニアPCM・96kHz/16ビット)で鮮明に情報を記録。本体メモリーは16GBだが、外部メモリーとして64GBのmicroSDが使える。内蔵充電池により最大で約130分の連続録画が可能。また、約10分の充電でおよそ100分間の録音ができる急速充電にも対応している。予約録音ができるワイドFMラジオの内蔵や外部マイクへの対応など機動力も十分だ。

 ビジネスシーンでは、会議や講習会などでのホワイトボードやプロジェクターを使った説明を一緒に取りこめる。プライベートでは、ダンスや楽器などの練習、料理教室なども動画で残せる。いろいろと活用できそうだ。

04.03 録画付きICレコーダー_フィリップス8010_2 もちろん小型ディスプレイで撮影モニターや記録したデータの再生が可能。パソコンとUSBケーブルで接続すれば、高画質HD再生なども可能となる。サイズは幅38×高さ104×厚さ14mm、重さ80g。

 なお、VTR8010のほかに、リニアPCM録音再生や急速充電、単語/文章のリピート再生や音程が一定のまま再生スピードを調整して聞き取りやすくするなどの機能を備えた高級モデル「VTR-5810」、シンプルなスティックタイプの「VTR5200/5100」も同時発売の予定。04.03 録画付きICレコーダー_フィリップス8010._3