デジもの

デジイチ並みの実力を備えたハイエンドコンパクトデジカメ

06.08 デジイチ並みの実力noハイエンドコンパクトデジカメ_sony ソニーはデジタル一眼レフ並みのパフォーマンスを備えたコンパクトデジタルカメラ“RX100 VI”(DSC−RX100M6)を、6月22日に発売した。24−200mm/F2.8−4.5の高倍率ズームレンズと、トップレベルの高速AF・連写性能を備えた上級モデルとなる。オープン価格で、店頭などでは14万円前後(税別)の見込み。

 レンズは世界的にも定評あるZEISSバリオ・ゾナーで、8枚の非球面レンズ(全体は12群15枚)や全群を動かす効率的なズーム動作により、小型化と低歪みの高い描写性能を確保。絞り4段分の光学手ブレ補正で、望遠や暗いところでもブレを抑えた高画質な撮影ができる。06.08 デジイチ並みの実力noハイエンドコンパクトデジカメ_sony-2

 高密度センサーと高速動作制御を投入してAFは最速0.03秒と高速化。瞳AFなど動く被写体などへのAFの追従性能も一段と高めているという。

 動画撮影では、一眼レフカメラ並みの4K HDR記録に対応するばかりでなく、プロの映像制作現場でも有効な機能も備える。低容量のプロキシ動画も同時記録され、スーパースローモーション動画などのスマホ転送も簡単にできるという。

 搭載の1.0型C-MOSイメージセンサーは有効画素数が約2010万画素、背面の3.0型液晶モニターのほか、EVF(電子ビューファインダー)も装備し、思い通りのしっかりとした撮影ができるだろう。大きさ・重さは幅101.6×高さ58.1×奥行42.8mm・約301g(電池・メモリーカード含む)。