デジもの

家の中の好きな場所で見る 料理のレシピも取り出せる技あり液晶テレビ

main シャープ(堺市)は、ポータブル液晶テレビ「AQUOS ポータブル」を9月20日に発売する。テレビチューナーとモニターディスプレイが別々になったワイヤレス式で、家の中の好きな場所(お風呂もキッチンもOK!)で使えて、さらに同社のクラウドサービスと連携するのがポイント。500GBハードディスク内蔵の16型(2T-C16AP)と12型(2T-C12AP)とハードディスクなしで一部の機能を省略した12型(2T-C12AF)があり、すべてオープン価格。 

  チューナーは地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンに対応。500GBハードディスクとデジタル2チューナーを内蔵(C12AFを除く)しているので、裏番組録画ができて、USBハードディスクの増設も可能。ホームネットワークで結んだ同社BDレコーダーの映像まで見ることができる。 

  モニター部はタッチパネルで軽快に操作。防水なのでお風呂やキッチンなどの水回りでも使える。そこでもっと便利になるのがクラウドサービス「COCORO KITCHEN」専用アプリの内蔵。同社オーブンレンジや調理器向けのレシピを見ながら料理を作ったり、各調理器の設定ができる。さらに、スマートフォンのアプリに買い物リストを送信したり、料理キットを宅配サービスから注文できるなど、便利なことこのうえなし。 

  もちろんテレビのdボタンが使えて、USBメモリーからの静止画をスライドショー再生するフォトフレーム機能やタイマー機能もある。一番大きな2T-C16APのサイズはモニターが幅38.8×高さ24.3×奥行17cm・約1.36kg、チューナー部は共通で幅16.7×高さ4.7×奥行14.6cm・約0.5kg。