デジもの

ケンウッドが2カメラのドライブレコーダー2機種を発売

 事故が発生したときなどに備える車載機器として、ドライブレコーダーが急速に広まりつつある。通信や車載機器、オーディオのJVCケンウッド(横浜市)は、ケンウッド・ブランドでドライブレコーダー「DRV-MR740」(市場想定価格 3万4,000円前後・税別)、「DRV-MP740」(市場想定価格 3万7,000円前後・税別)を、10月上旬に発売する。どちらも2台のカメラがセットになっているが、MR740は前方と後方、MP740は前方と車内を同時録画するのが違いとなる。

MR740
MR740

 2機種ともに高精細なフルハイビジョン録画により鮮明な映像を記録することが可能。また明るい(F1.8)レンズにより、夜間やトンネルなどの暗いシーンにも対応する。逆光、トンネルの出入り口などの明るさの差が激しい状況で発生しやすい白とびや黒つぶれを抑えるHDR機能を備えている。

MP740
MP740

 録画モードは、常時録画(エンジンのON/OFF連動)、イベント記録(衝撃や急激な速度変化を検知して自動録画を開始)や手動録画のほか駐車監視録画の4種。さらに、前方衝突警告、車線逸脱警告、発進遅れなどのドライブアシスト機能も備えているので、安全運転にもいっそう、役立つだろう。