デジもの

愛用イヤホンをワイヤレスに aptX HD対応のBluetoothイヤホンケーブル

10.26 シュアがaptX HD対応のBluetoothイヤホンケーブル-1 ステージマイクをはじめプロの音響機器でも知られる米国SHURE(シュア・ジャパン、東京)は、同社SEシリーズなどのイヤホンをBluetoothワイヤレスイヤホンに変身させられる交換ケーブル「RMCE-BT2」を、10月26日に発売した。オープン価格で、店頭などでは1万8,800円前後(税別)となる見込み。

 SEシリーズイヤホンは、同社が開発したMMCXというケーブルの着脱、交換ができる規格を採用。これまでにアナログ接続用(3.5mmステレオ)のほか、デジタル接続用(iOS:ライトニング、Android:USB-C)などのオプションケーブルを用意。Bluetoothについても昨年、RMCE-BT1を登場させている。

 RMCE-BT2は、そのグレードアップ版。伝送コーデックには、高品位なAAC、apt Xはもちろん、ハイレゾ音源をカバーする性能を持つapt X HD、映像との音のズレを抑えたapt X Low Latencyに対応している。

 さらにイヤホンをドライブするヘッドホンアンプを自社で開発。Bluetoothチップから独立させることにより、ノイズや歪みを抑えた、より高品位な音で楽しめるのも大きなポイントになっている。

10.26 シュアがaptX HD対応のBluetoothイヤホンケーブル-2

 iOSとAndroidの両対応のリモコン/マイクを内蔵。約2時間の充電で連続再生が最大10時間、15分間の充電で約1.5時間聴ける高速充電にも対応している。