デジもの

独エラックから基本性能を重視したレコードプレーヤーのベーシックモデル

0422 独エラックからレコードプレーヤーMIRACORD-1 輸入オーディオ機器のユキム(東京)は、取り扱いのエラック(ELAC)社(ドイツ)のレコードプレーヤー「MIRACORD 50」を発売した。アニバーサリーモデルMIRACORD 90、同70に続くシリーズのベーシックモデルで、上位機の特徴を受け継いでいる。価格は、9万9,000円(税別)。

 現在はスピーカーのブランドとして知られるエラックだが、1950年代から80年代にかけてのオーディオ全盛期には、MIRACORDレコードプレーヤーやMM型カートリッジのパテントホルダーとして名をはせていた。現在のMIRACORDレコードプレーヤーシリーズは、同社創立90周年を記念したもの。

0422 独エラックからレコードプレーヤーMIRACORD50-2

 最新作MIRACORD 50は、トーンアーム、カートリッジ(オーディオテクニカ製)、さらにはフォノイコライザー(MM)も組み込んだコンプリートモデルで、アンプとつないですぐにレコード再生が楽しめる。DCモーターによるベルトドライブ方式、安定した回転を生むアルミダイキャストの30cmアルミターンテーブルなど、上位機の特徴をことごとく受け継いだハイパフォーマンスモデルとなっている。電源はAC100Vで消費電力1.5W、大きさと重さは幅420×高さ125×奥行き355mm・4.6kg 。ダストカバーも付属する。