デジもの

キヤノンが小型デジタル一眼の最新版「EOS Kiss X10」発売

04.12 キヤノンが小型デジタル一眼EOS Kiss X10-main キヤノンは、デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X10」を発売した。小型・軽量ボディや高速連写など、初心者にも使いやすい。ボディはブラック、シルバー、ホワイトの3カラー。オープン価格で、店頭などでは7万8,000円前後の見込み。ズームレンズ・キットモデルも用意されている。

 代々の特徴であった小型・軽量のボディは、可動式液晶モニター付きデジタル一眼レフで世界最軽量をうたう約449gを達成。最高約5コマ/秒の連写は約0.03秒という高速AFと相まって、ベストショットを逃さない。この独自の高速AFも改良を受けており、ライブビュー撮影での測距エリアが拡大。瞳AFにも対応し、フォーカスの追従性を大きく高めている。

 有効画素数約2,410万画素のAPS-Cサイズ相当のC-MOSセンサーと独自の映像エンジンは、上位機に迫る高精細な画像や4K動画撮影が可能。装着レンズの収差をデータで補正する機能も内蔵する。

 子どもの運動会や家族・友人との旅行などをしっかりと残しておきたいというときも、簡単に撮影を楽しむことができる一台となるだろう。