デジもの

自撮りに便利! 撮ってすぐプリントできるインスタントカメラプリンター

0530 キヤノンが撮ってすぐ見られるインスタントカメラプリンター_02-sub3  キヤノンから、手軽に撮影とプリントが出来るインスタントカメラプリンター「iNSPiC(インスピック) ZV-123」と「iNSPiC CV-123」が登場する。前者は6月6日から、後者は7月に順次発売になる。オープン価格で、公式の販売サイトではZV-123が1万7,880円(税別)、CV-123が1万2,880円(同)で販売の予定。

 インスピックは前モデルがスマホからの印刷のみだったのに対し、今度はどちらもカメラを内蔵。写真を撮影して、その場でプリントができる。専用フォトペーパーは紙とインクが一体となっていてインクカートリッジは不要。シール紙になっていて、プリントした写真はアルバムだけでなく手帳や持ち物、メッセージカードに貼るといった楽しい使い方ができる。オリジナルグッズを作るのにも力を発揮しそう。

0530 キヤノンが撮ってすぐ見られるインスタントカメラプリンター_03-sub2

 上位機のZV-123はスマホからのプリントアウトにも対応。スマホの専用アプリを使ってBluetoothでワイヤレス接続し、アプリを立ち上げたら3ステップでできる。アプリ内でメッセージやスタンプを追加したり、コラージュやフィルター、フレーム加工したりなども楽しめる。また自撮りミラーが両機種に備わり、ZV-123にはフィルライトも付いていて自撮り撮影で顔色を明るく写せる。

 大きさと重さは、縦121×横80×高さ22mm/約188gとほぼスマホ並み。スマホと一緒にいつも持ち歩きたいアイテムだ。