デジもの

「アレクサ、今日の伝言開いて」でつなぐ親子の会話 「グーオブシングス」の「ミツ・メル ただいま」に伝言機能を追加

「アレクサ、今日の伝言開いて」でつなぐ親子の会話 「グーオブシングス」の「ミツ・メル ただいま」に伝言機能を追加 画像1
NTTレゾナント 伝言機能イメージ

 

 NTTレゾナント(東京都港区)は、「モノのインターネット(IoT)」サービス「goo of things(グーオブシングス)」の安心見守りサービス「ミツ・メル ただいま」に伝言機能を追加した。

 「ミツ・メル ただいま」は、NTTレゾナントが運営するポータルサイト「goo」のIoTサービス「グーオブシングス」の協業パートナーであるミツウロコヴェッセル(東京都中央区)が提供している。

 子どもが持ち歩く「見守りタグ」で登下校や帰宅、外出状況を「グーオブシングス」のアプリが認識する。子どもの帰宅を把握した保護者は、アプリを通じて、自宅に設置している人工知能(AI)スピーカー「アマゾンエコー」に対して音声で伝言を残すことができる。子どもはエコーに「アレクサ、今日の伝言開いて」と話し掛けると伝言機能が起動し、さらに「伝言を開いて」と呼び掛けると保護者からの伝言を聞くことができる。エコーから「グーオブシングス」アプリにテキストでメッセージを送る機能もある。

 伝言機能のスキルは、アレクサスキルストアから無料で提供される。