デジもの

シュアがイヤホンシリーズのワイヤレス対応モデルをバージョンアップ

09.09 シュアがワイヤレス対応モデルをverアップ-SE215SPE-B+BT2

 米国の音響ブランド、シュアは同社のSEイヤホンシリーズの「SE215」、「SE425」、「SE535」、「SE846」各モデルについて、Bluetoothワイヤレスモデルの付属ケーブルをバージョンアップし、9月13日に発売した。新ケーブル付属モデルの市場想定価格(税別)は、SE215が1万7,800円、SE425が3万4,800円、SE535が5万4,800円~5万9,800円、SE846が9万9,800円。

 SEシリーズ各機種はMMCX規格の着脱式ケーブルを採用しており、このネックタイプのケーブル部をBluetooth機構を組み込んだタイプに交換することでワイヤレス化する方式を採っている。

09.09 シュアがワイヤレス対応モデルをverアップ-SSE846-CL+BT2

 新しいワイヤレスイヤホンケーブルRMCE-BT2は、Bluetoothデバイスから分離したオリジナルのアンプ部でより低ノイズ化を図るという基本設計を引き継ぎながら、対応コーデックをAAC、apt-X、apt-X HD、aptX LLと拡大。連続再生時間を最大10時間まで伸ばしている。

 通常のケーブルも付属しているので(SE215を除く)、電池切れのときにも使えるなど、便利さ、使いやすさもアップしている。なお、新ケーブルRMCE-BT2は単体でも発売となり、その市場価格は1万3,800円(税別)となっている。