デジもの

B&Wから音切れを抑えたノイズキャンセリング・ワイヤレスヘッドホン/イヤホン

PX7
PX7

 オーディオのディーアンドエムホールディングスは、英国のスピーカーブランド、Bowers&Wilkinsのワイヤレスヘッドホンと同イヤホンを11月末に発売する。新ラインアップはヘッドホンの「PX7」(市場価格6万円前後・税別)と「PX5」(同5万円前後)、イヤホンは「PI4」(同5万円前後)と「PI3」(同3万円前後)。全機種が伝送効率に優れた最新のBluetooth 5.0 aptX Adaptiveに対応、またPI3を除く各モデルはノイズキャンセリング(NC)機能を備えている。

PI4
PI4

 aptX Adaptiveコーデックは、通信状況に応じてシームレスでデータ伝送量を変化させることで、ワイヤレス再生での音切れ、遅延を抑制する新コーデック。CDを上回る48kHz/24bit相当の音質を確保できるという。NC機能は、オート/高/低の3種のモードがあり、周囲の状況に応じて切り替えれば、エンジン音などの大きな騒音、街や駅構内などの騒音を効果的に押さえこむ。

 最上位のヘッドホンPX7が43mmドライバーを搭載した耳を覆うオーバーイヤー型、PX5は軽快に使える小型のオンイヤー型でドライバー径は35mmとなる。どちらも15分のチャージで5時間の再生が楽しめる急速充電に対応。左右のイヤーカップにセンサーを内蔵、カップを耳から持ち上げると音楽が停止、耳に戻すと再開という小技も持っている。

 ソフトシリコンのネックバンド型イヤホンPI4とPI3の違いは、前出のようにNC機能の有無。連続再生時間はPI4が12時間、PI3が8時間となる。雨滴や汗なども気にならない耐汗仕様で、両耳のユニットを磁気クリップで止めると音楽再生が一時停止、クリップを外すと再開するという便利機能は共通となっている。