デジもの

ティアックがデスクトップにもセットできるコンパクトスピーカー発売

0120 ティアックがデスクトップ・コンパクトスピーカー_main

 音響機器のティアックは、片手で持てるほど小型でデスクトップやサイドボードなどに設置できるスピーカーシステム「LS-101」を、1月下旬に発売する。2ウェイ・リアバスレフの本格的な設計で、デスクトップのパーソナルなオーディオ構築にも好適。オープン価格で、店頭などでは1万1,000円前後となる見込み。

 本体サイズは幅116×高さ182×奥行167mm、重さが1.7kg。高密度MDF材で作られ、使用ユニットも低音が70mmペーパコーン、高音が20mmドームという上級システムと同様の構成になっている。また低音ウーファーはラバーエッジ部のチューニングによる充実した中低音と、音が広く行きわたるようにディフューザーを備えた高音トゥイーターで自然な広がりのあるステレオ再生を狙っている。

0120 ティアックがデスクトップ・コンパクトスピーカー_rear

 ケーブルがしっかりと接続できるねじ込み式でバナナプラグが使えるスピーカー端子など、オーディオ機器としてのこだわりがうかがえる。主な仕様はインピーダンス4Ω、感度87dB、最大入力35Wで、小型アンプなどでも使いやすい。