デジもの

パナソニックが4Kチューナー内蔵の全自動録画レコーダー発売

0206 パナソニックが4Kチューナー内蔵全自動録画レコーダー_pana-4k

 パナソニックは、自動番組録画機能がついたブルーレイディスクレコーダー“全自動ディーガ”に、4Kチューナー内蔵の「DMR-4X1000」(10TB)、「DMR-4X600」(6TB)と、地デジチューナー内蔵の「DMR-2X200」(2TB)を3月13日に発売する。番組予約をしなくともチャンネルを一定期間、まる録りする機能を備えるほか、録画したプログラムはさまざまな形で楽しめる。いずれもオープン価格で、市場価格は4X1000が33万円、4X600が19万円、2X200が10万円前後の見込み。

0206 パナソニックが4Kチューナー内蔵全自動録画レコーダー_pana-sub

 DMR-4X1000/600は、この全自動録画タイプでは初の4Kチューナーの内蔵となる。4Kチューナー2基を搭載して、4K衛星放送1チャンネル×13日間チャンネル録画や2番組同時録画が可能。地デジのハイビジョン放送ならば、最大8チャンネル28日間の自動録画(4X1000)が可能。DMR-2X200では、BS/地デジ放送の最大6チャンネル×16日間自動録画ができる。

 録り逃がしがなく、後から見逃した番組を探して見られるのが全自動タイプのメリット。また、ドラマの約90日間とりおき、アニメのとりおき機能もあり、連続録画する期間を過ぎた後での見逃しもない。録画した番組のほか、写真や音楽データの保存もできるので、これらのデータはスマホを使って好きなときに楽しんだり、データをスマホに移して好きな場所で視聴したりできる。もちろんインターネットを通じたスマホからの操作も可能だ。