デジもの

オーディオテクニカからレコードプレーヤー、フォノイコライザーが登場

0513 オーディオテクニカがレコードプレーヤー_image

 音響機器のオーディオテクニカ(東京都町田市)は、レコードプレーヤー「AT-LPW50PB」(市場価格5万円前後・税別)を5月15日に発売、フォノイコライザー「AT-PEQ30」(同2万2,000円)を5月下旬に発売する。まったく衰えないアナログレコード人気に応えたもので、オーディオファンを満足させるしっかりとしたオーソドックスな作りを特徴としている。

 高級感あるピアノブラックの外装のAT-LPW50PBは、スピードセンサー付き高精度DCモーターによるベルトドライブ式で、回転数は33・1/3、45rpmに対応。シングルEP盤やLP盤を聴くことができる。トーンアームはカーボンファイバーのストレート型という本格的な設計だ。カートリッジメーカーとしても名高い同社カートリッジVM95Eが付属、しかも本体に合わせたブラックボディーの特別仕様だ。フォノイコライザー回路も内蔵し、フォノ入力のないアンプでもCD入力などに直接つないで聴けるので、ほかにパーツを足すことなく、購入してすぐにレコードを楽しむことができる。

 AT-PEQ30は、アナログレコード再生に必須のフォノイコライザーアンプの単体モデルで、MMとMC両形式のカートリッジに対応する。低ノイズ素子を使った本格的な回路を持ち、レコード信号の高精度な補正を行う。振動に強いアルミ削り出しフロントパネル、金メッキのコネクターで、安定した音質を確保している。