デジもの

自撮り・動画配信に特化! ソニーからライブ配信もできるデジタルカメラ登場

0601 ソニーがビデオログの動画に最適化したデジタルカメラ-img

 ソニーは、Vlog(ビデオブログ、動画の形をとったブログのこと)コンテンツ撮影に特化したデジタルカメラ「VLOGCAM ZV-1」と、専用多機能グリップ付き「VLOGCAM ZV-1G」を発売した。自撮りの背景のボケや商品紹介でのフォーカス移動をスムーズにする設定機能などがあり、 Vlog としての動画の投稿やネットショップなどでの商品説明なども、より強い印象で表現できる。価格はオープンで、市場推定価格はVLOGCAM ZV-1が9万1,000円前後、ZV-1Gが10万4,000円前後(いずれも税別)。

 背景ボケの切り替え機能は、ボタンのワンプッシュで自撮り時の背景を“ぼけ”、または“くっきり”に切り替えるもの。主被写体を際立たせたり、周囲の状況を取り込んではっきりと見せたいときなどの意図が明快に伝えられる。商品レビュー用設定では、例えば説明者の顔から商品へと画面を切り替えるときに、ワンボタンでスムーズなフォーカスの移動が行えるので、見苦しくならない。

0601 ソニーがビデオログの動画に最適化したデジタルカメラ-sub2

 カメラ性能は、約2,010万画素の1.0型CMOSイメージセンサー、ツァイス バリオ・ゾナーT* 24-70mm F1.8-2.8ズームレンズという組み合わせ。動きのある被写体を捉え続ける高いAFや、顔が明るく映るような画質設計を搭載。話し手の声をクリアに捉える高音質のマイクで、風の強い屋外での収録もできる。

 自撮り時に画面をしっかりと見られるバリアングル液晶モニターや、しっかりと保持できるグリップ、カメラ上部に大型の動画スイッチを配置して、素早く撮影が始められるようになっている。スーパースローモーション、インターバル撮影にも対応。またウェブカメラとして使用し、撮影映像をそのままライブ配信できるようにするPCソフトも7月に公開予定だ。