デジもの

グラドからエントリーシリーズ・フォノカートリッジの第3世代6モデルが登場

Prestige Series3
Prestige Series3

 輸入オーディオ機器のナイコム(東京)は、米国グラド(GRADO)のフォノカートリッジ Prestige Series 3の全6モデルを7月17日に発売した。ラインアップは「Prestige Gold3」(3万2,800円・税別)以下、「Silver3」(2万8,500円)、「Red3」(2万1,500円)、「Blue3」(1万5,700円)、「Green3」(1万3,500円)、「Black3」(9,800円)。発電方式をMI型として、軽量な駆動系で高い再生特性を獲得。製造は米国ブルックリンの自社工場でのハンドメイドで、ベーシックモデルとなる「Black3」の生産工程中、より厳しい品質検査を通過したものを上位モデルとしている。

0707 グラドがフォノカートリッジ6モデル-main

 全機種ともに、楕円ダイヤモンド針を採用。針先振動を発電部に伝えるカンチレバーは、自社技術で最適化し、不要な共振やノイズを排除しているという。発電部は左右チャンネル合計四つのコイル、二つのマグネットを持ち、歪みを抑えながら正確な左右バランスを得る。内部インピーダンス47kΩ、出力電圧5mVと、一般的なMMカートリッジと同様に取り扱える。