デジもの

シャープから8K音声対応バースピーカー 立体音響再生技術を採用

0630 シャープが8K音声対応バースピーカ_img

 シャープは、バースピーカーシステム“AQUOSオーディオ”「8A-C22CX1」を、8月29日に発売した。初めて8K放送の音声フォーマットMPEG-4 AACの22.2ch音声入力に対応しており、その場にいるような臨場感を生む立体音響が体験できるという。オープン価格。

 同社の8K対応テレビ“AQUOS8K”〈CX1〉シリーズと組みあわせれば、テレビから22.2ch 音声信号がダイレクトに入力されより高い品位の音質で再生が可能となる。音楽ホールやスタジオなどの建築音響分野で高い実績をもつ鹿島建設と、音響技術で知られるサウサンプトン大学の共同開発による立体音響再生技術を採用し、情報量の多い22.2ch音声だけでなく、2ch/5.1ch音声などでも、独自の音声処理によって立体音響を実現。フロントスピーカーとサブウーファーのみで前後・左右・上下を含む360度の没入感の大きなサウンドが聴けるという。

0630 シャープが8K音声対応バースピーカ_8A-C22CX1

 サラウンド音声フォーマットのDolby Atmos(ドルビーアトモス)に対応。HDMI入力された4K信号をそのままテレビに渡す4Kパススルー、ドルビービジョンのパススルーに対応。またUSBメモリーからの音楽再生に対応しており、MP3はもちろんハイレゾ音源も聴くことができる。大きさと重さはスピーカー本体が幅1,200×奥行140×高さ69mm・約4.5kg、ワイヤレスサブウーファーが幅261×奥行261×高さ337mm・約7.2kg。