デジもの

カラオケもできるスピーカー! JVCのオールインワンポータブルオーディオシステム

News Release

 音響、通信機器などのJVCケンウッドは、さまざまな音楽ソースが楽しめるポータブルシステム「RV-NB250BT」を発売した。ハイパワーアンプと大口径ウーファーによる重低音、さまざまなソースの再生と、マイクミキシングやイルミネーションなど、パーティなどを盛り上げる機能を装備する。オープン価格で、市場価格は4万円前後(税別)。

 メカメカしいエッジを立たせて押し出しを効かせたボディは、低音を強化する16cmウーファーと10cmフルレンジのスピーカー部を構成。これを60Wの大出力アンプで駆動する。ボディはチューブ構造により不要な共振を抑えることで、“引き締まった重低音サウンド”が楽しめる。

0828 JVCがオールインワンポータブルオーディオ-main

 音楽ソースはCD/ラジオ/USBメモリー/Bluetoothとマルチに対応。USBのMP3ファイルやBluetoothでスマホのコンテンツも楽しめる。ミキシング機能の付いたエコーが付けられるマイク入力/ギター入力も装備しているので、RV-NB250BTをカラオケマシーンにも仕立てられる。さらに前面スピーカーの周りが光るライトエフェクト(赤や7色点灯など4モード)機能をオンにすれば、パーティをさらに盛り上げてくれる。持ち運びに便利なショルダーベルトが付属。大きさと重さは、幅696×高さ261.5×奥行265mm・8kg。

0828 JVCがオールインワンポータブルオーディオ-sub