デジもの

ソニーから AI機能をもつワイヤレスヘッドホン ハイレベルなノイズキャンセリング性能も搭載

0811 ソニーがノイズキャンセルとAIのワイヤレスヘッドホン-img

 ソニーは、Bluetoothワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM4」を、9月4日に発売する。“業界最高クラス”の性能をうたうNC(ノイズキャンセリング)機能、毎日の使用を便利にするAI機能を備えた上位モデルとなる。価格はオープン、店頭では4万円前後(税別)となる見込み。

 ヘッドホンの内側と外側に置いた2つのセンサーでノイズを抑えるノイズキャンセリングプロセッサーは、アルゴリズムを進化。音楽信号と騒音信号、ドライバーと耳の間の音響特性を毎秒700回以上も監視。Bluetoothのデバイスとも連携させて、周囲の騒音やハウジング内部で発生するノイズ、ワイヤレス伝送で発生するノイズまで抑え込み、トップレベルの性能を得たとしている。

0811 ソニーがノイズキャンセルとAIのワイヤレスヘッドホン-main

 デジタル音声回路には、さまざまな音源をハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングする独自の技術を投入。再生している音楽のタイプを判別して、高音域の補完を最適化することで高音質化を可能にしている。

0811 ソニーがノイズキャンセルとAIのワイヤレスヘッドホン-sub

 リスニング中にユーザーが声を発すると自動的にノイズキャンセリング動作から周囲の音が聞こえる外音取り込み機能へと切り替わり、再生一時停止となるので、ヘッドホンを外さずに会話が可能。また、ユーザーがよく行く場所を AIが認識し、これに応じたノイズキャンセリング機能や音質調整を設定しておくと、訪れた場所に合わせて自動的に最適な設定に切り替わるなどスマート機能も充実させている。タッチセンサーに手で触れているときのみ、外音取り込みに切り替わったり、音楽再生中にヘッドホンを外すと自動で再生が一時停止し掛け直すと続きが再生されたり、外したまま15分経過すると自動的に電源オフとなるなど、使い勝手も大きく向上している。