デジもの

さまざまなソースをより高品位に再生 マランツから8K対応のAVアンプ中核モデ

0827 マランツが8K対応AVアンプ-img

 オーディオブランドのマランツから、AVアンプ「SR6015」が9月中旬に発売される。8K映像伝送や3Dオーディオなど新世代の規格形式に対応するミドルクラスモデルで、価格は14万8,000円(税別)。

 マランツでは AVアンプを、音と映像のさまざまなソースをリビングでより高品位に楽しむためのマルチコントロールセンターとして位置付けている。SR6015もその役割を果たすために着実にスペックアップしている。次世代8K/60pと4K/120p信号のパススルー対応と、8Kを生かすHDR/HDR10 、HDCP2.3、eARCへ対応。サラウンドでは3次元サラウンドのDolby Atmos、DTS:Xに加え、最新のIMAX Enhanced、新4K/8K衛星放送の音声フォーマットMPEG4 AAC、さらに次世代ゲーム音声フォーマット(VR/QMS/QFT/DSC、ALLM)にも対応している。

0827 マランツが8K対応AVアンプ-main

 ネットワーク機能では、ハイレゾ音源のAmazon Music HDとAWA、Spotifyのインターネットを通したストリーミング配信サービスやインターネットラジオが楽しめる。WiFi機能を搭載して、ホームサーバー(NAS/パソコンなど)からのハイレゾファイル再生(PCM192kHz/24ビット、DSD5.6MHz)も可能。Air Play2やアマゾンAlexaが使えるほか、Bluetoothは送受信に対応して、スマホの音楽コンテンツの再生だけでなく、本体で再生中の音源をBluetoothヘッドホン/スピーカーで聴くこともできる。

0827 マランツが8K対応AVアンプ-sub

 パワーアンプ部はフルディスクリート構成の220W×9ch。プリアンプ部は11.2ch対応で、パワーアンプを追加すれば3Dオーディオをフルスペックで楽しめる。プリ、パワーアンプともに、使用デバイスやパーツ、信号経路の見直しで音質の向上を図り、特にHDMI入力部やネットワークオーディオのモジュールもノイズ対策を中心に、高音質化を徹底しているという。