デジもの

ケンウッドから普及価格帯のドライブレコーダー 使い方に応じて選べる3機種

0901 ケンウッドから普及価格帯ドライブレコーダー-DRV250

 音響、通信機器などのJVCケンウッドは、ドライブレコーダー3モデルを9月下旬に発売する。いずれもオープン価格で、新たに加わるのは「DRV-350」(市場価格は税込み1万4,000円前後)、「DRV-355」(同1万6,000円前後)、「DRV-250」(同1万2,000円前後)。それぞれ使い方に応じて選べるようになっている。

0901 ケンウッドから普及価格帯ドライブレコーダー-DRV355

 3モデルともに、広い範囲(水平122° 垂直63° 対角150°)を明るく記録できるF1.8ワイドレンズで、夜間やトンネル内などの暗い場所にも強い。フルハイビジョン(1920×1080)撮影で、ナンバープレートや標識なども細部まで鮮明に記録。SDカード交換時の自動初期化で記録エラーなどを防ぐ機能、ワンプッシュで録画を開始できる手動録画ボタンなどを装備。トンネル出入り口などの明暗差の大きい状況でも画面の白トビ・黒つぶれを抑えるHDR機能や、駐車時の監視タイマー録画などの機能もある。またDRV-350/355はGPSも搭載して、専用のPCソフトで走行記録の確認が可能だ。

0901 ケンウッドから普及価格帯ドライブレコーダー-DRV350

 DRV-350は、本体色を3タイプ(ブラック、シルバー、ブルー)用意して、クルマの内装に合わせて選ぶことが可能。DRV-355は、32GBのmicroSDHCカードが付属して、より長時間の録画が可能となっている。