デジもの

ヤマハがエントリークラスAVアンプ2機種を発表

0831 ヤマハがエントリークラスAVアンプ-main

 ヤマハは、10年ぶりに外観から筐体(きょうたい)、内部回路を一新したエントリークラスのAVアンプ2モデルを10月中旬より、順次発売する。ラインアップするのは、5.1chの「RX-V4A」(4万5,000円・税別)と7.1chのRX-V6A(同6万5,000円)で、次世代8Kパススルー対応や3Dオーディオの最新フォーマット対応など、上級機並みの充実した内容を備える。

 前後左右だけでなく天空方向にもサラウンド効果を広げるDolby Atmos、DTS:X対応デコーダーを搭載して、リアルで迫力ある音場空間を再現。「RX-V6A」ではDolby Atmos Height Virtualizerも搭載し、高さ方向のスピーカーが無くても効果が得られるほか、独自の高度なDSP技術により、通常のソフトでさらにリアルなサラウンド体験ができるようになっている。

0831 ヤマハがエントリークラスAVアンプ-sub1

 音質面でも、電源や配線、プリント基板や回路設計を刷新してレスポンスや安定性を向上。デジタル回路では、384kHz/32bitのトップレベルの解像度を持つD/Aコンバーターも投入するほか、アナログ、デジタルのセパレート電源など、細部まで高品位化に取り組んでいる。

 映像系では、最新フィーチャーとなる8Kパススルー対応。HDR10+映像伝送や著作権に対応したHDCP2.3、4Kアップスケーリングやロスレス音声などを伝送するためのeARCをサポートするHDMI端子3系統を装備する。もちろんゲームサウンドのニーズに応えるVRR、QMS、QFT、ALLMも対応している。

0831 ヤマハがエントリークラスAVアンプ-sub2

 ネットワーク対応も充実。NAS/PCからのファイル音源再生は、WAV/AIFF384kHzやDSD11.2MHzまでサポートというトップレベルのパフォーマンスを確保。最近、盛り上がりを見せるロスレスやハイレゾ音源のストリーミングサービスについても、Amazon Music HDの他Deezer HiFiにも対応。もちろんSpotifyなども聴くことができる。この他、Amazon Alexaの音声コントロールに対応。ヤマハの複数の対応機器と組み合わせて、機器間で音楽コンテンツの配信、共有、リンク再生などができる独自のワイヤレスネットワーク機能も備えている。