デジもの

ソニーからスマートウォッチの新型「wena 3」 Suicaや Alexaに対応し活動ログ機能も進化

1005 ソニーがSuica対応スマートウォッチ-main

 ソニーは同社スマートウォッチシリーズの最新モデル「wena 3」を発表した。wenaシリーズは、須磨ートウォッチ機能を内蔵したリストバンドに、別途用意されているアナログデザインの時計ヘッド部(別売)を組み合わせる、独自の2パート構成が特徴。wena3では、リストバンドのバックル部分にスマートウォッチ部を集約。Suicaや各種電子マネー、活動ログ機能、Amazonの音声サービスAlexaに対応するとともに、タッチディスプレーを装備する。オープン価格で発売は11月27日。予約受付を開始している。

 リストバンドは、高級感あるmetal(市場推定価格3万3,000円~3万5,000円前後)、カジュアルなleather(同3万~3万2,000円)、スポーティなrubber(同2万4,000円)の3タイプのデザインを用意。また、wena 3に合わせたヘッド部として、世界的な著名デザイナーである山中俊治とジウジアーロによる2タイプを追加、さらにシチズン、セイコーからは、wena3ベースのコラボモデルも登場するなど、豊富なバリエーションから選べるようになっている。

1005 ソニーがSuica対応スマートウォッチ-sub

1005 ソニーがSuica対応スマートウォッチ-sub3

 電子マネーの楽天Edy、iD、QUICPayなどに加えて、交通系ICカードのSuicaにも対応。買い物や電車、バスの利用が便利になるだけでなく、残高確認や専用スマホアプリを使った利用履歴も確認できる。Amazon Alexaではボタンを押して話しかければ、天気の確認や部屋の電気/機器の電源をオンオフしたり、外出先からエアコンのオンオフしたりなどができる。タッチディスプレーのスワイプで、スマホの通知やスケジュール、天気予報、アラームなどのアプリへアクセスして確認できるので、スマホを取り出す必要がない。

1005 ソニーがSuica対応スマートウォッチ-sub2

 活動ログ機能は既存モデルからさらに進化。従来の歩数や消費カロリーに加えて、最大酸素摂取量(VO2 Max)や眠りの深さ、ストレスレベルやエネルギー残量(Body Energy)をチェックできるのも機能的だ。日常の行動と健康管理をサポートする小型デバイスとなる。