デジもの

JVCからエントリークラスのワイヤレスイヤホン 少々の雨や水しぶきにも安心

1030 JVCがエントリークラス完全ワイヤレス-img 音響、通信機器のJVCケンウッドは、JVCブランドの完全ワイヤレスイヤホン「HA-A7T」を11月上旬に発売する。大きな広がりをみせる、左右独立型の完全ワイヤレスイヤホン。 HA-A7T はそれを手軽に使いたいユーザーに向けたエントリーモデルで、使いやすい小型軽量デザインと音の良さを追求している。ブラック、ホワイト、ピンク、ミントの4色を用意。価格はオープン、市場推定価格は5,000円前後。

1030 JVCがエントリークラス完全ワイヤレス-sub1

 本体は片側4.8gの軽量で、下方向にステムが伸びたスティック型で耳によくフィットする形状。上位モデルに引けをとらない内容で、強力なネオジムマグネットでドライブする6mmダイナミックドライバーを搭載する。

 再生/停止や曲送りはワンボタン操作で、音量も調整可能。充電ケースから取り出せば自動的にスマホと接続し、収めると電源オフになる。他にもスマホの音声アシスタント対応、ハンズフリー通話などの必要十分な機能を備えている。雨や水しぶきにも安心のIPX4相当の防水性能を持ち、本体で約6時間、充電ケースと合わせて約15時間の再生ができる。