デジもの

オーディオテクニカがワイヤレスネックスピーカー2機種発売 テレビ音声などの聞き取りをサポート

1109 オーディオテクニカがワイヤレスネックスピーカー_img

 音響機器のオーディオテクニカ(東京都町田市)は、テレビ音声などが耳元ではっきりと聞きとれるネックスピーカー「AT-NSP700TV」(市場価格1万7,000円前後・税別)を、11月13日に発売する。テレビ音声が聞き取りにくい、大きな音を出しにくいなどの状況でも、耳元で音を出して着けている人にだけはっきりと聞こえるようにする。また、子どものオンライン授業やリモートレッスンなどに合わせた「AT-NSP300BT」(市場価格1万円前後・税別)も、同時に発売される。

 AT-NSP700TVは首掛けスタイルで、部屋の中を移動するのもフリー。何か作業をしながらの「ながら聴き」は耳を塞がず、周囲の音が聞けるのでチャイムや電話の着信も、すぐに気が付ける。音量を変えずに人の声のみ際立たせる機能があり、ニュースやドラマをはっきり聴くこともできる。本体はしなやかなシリコン素材で約103gと軽く、長時間のリスニングも快適にできる。

 使い方は、置台/充電器を兼ねた送信機とテレビの音声出力(光デジタル端子またはイヤホン出力)をつなげば、すぐに使い始められる。本体はフル充電で最大13時間の使用が可能。キッチンで使うのにも安心の防滴仕様になっている。

 Bluetoothでパソコンやスマホ、タブレットと接続して使うAT-NSP300BTは、特に子どもがタブレットでの学習やオンライン授業、ゲーム、動画を聴取するために考えられたモデル。耳を塞がないので、話しかけるなどのコミュニケーションがスムーズ。聴いている音量が分かるので、イヤホンのように大音量で聴いていることに気が付かないということがなく、また最大音量を制限して耳への負担を抑える機能も付いている。小さな音でもよりクリアに聞こえるようにスピーカーを配置。

 約75gの小型軽量のデザインで、しなやかなネックバンドはフィット性にすぐれたエラストマー素材で作られている。ネックバンドはフリーサイズで身体が大きくなっても使える。通話できるマイクを内蔵。さらにmicroSDスロットに音楽やデータを収めたmicroSDカードを挿せば、スマホやタブレットをつながなくても音楽などが楽しめる。最大13時間の連続再生が可能で、IPX2の防滴仕様となっている。