デジもの

ビクターからスタジオエンジニア監修の完全ワイヤレスイヤホン登場

1116 ビクターからスタジオエンジニア監修の完全ワイヤレス-m1

 音響、通信機器などのJVCケンウッドは、ビクターブランド初の完全ワイヤレスイヤホン「HA-FX100T」を、11月中旬に発売する。系列であるビクタースタジオのエンジニアが音質の監修している。価格はオープン、市場推定価格は1万5,000円前後(税別)。

 ビクターは、”音楽制作現場に携わるスタジオエンジニアの知見を加えた”モデルに付与されるブランド。HA-FX100Tにも、「Tuned by VICTOR STUDIO」のロゴと、本体フェイスプレートと充電ケースにはブランドの象徴となる犬のマークが刻印されている。

 約4.5gの小型軽量ボディながらドライバーユニットの背面に十分なスペースを設けることで、十分な低音を持つ広帯域の音を得ているという。イヤーピースは音が通る内側の表面に凹凸を設けて、適度に音を反射・拡散してクリアなサウンド再生を図っている。

1116 ビクターからスタジオエンジニア監修の完全ワイヤレス-m2

 操作時にズレを起こしにくいタッチコントロールを採用。着けたまま会話でき、がイオン取り込みで周囲の音も聞け、通話やリモート会議などでの使用時に声の帯域を聞き取りやすいよう音質を自動調整する。片側の本体のみでも使える。

 高品位な最新のQualcomm aptX audioコーデックに対応。音切れを抑え、低遅延な左右独立伝送方式による安定した接続で、快適なリスニングができる。雨滴や汗などが気にならないIPX4相当の防水性能を確保。電池持続時間は本体が約8時間、充電ケースとの合計で最大約28時間、10分の充電で約1時間の再生ができる急速充電にも対応している。