デジもの

ラディウスから重低音設計の完全ワイヤレスイヤホン 接続の安定性や音質が向上

1109 ラディウスが重低音設計の完全ワイヤレス_V500

 オーディオ機器のラディウス(東京)は、重低音設計の完全ワイヤレスイヤホン「HP-V500BT」(市場価格1万8,000円前後・税別)、「HP-V700BT」(市場価格2万2,000円前後)を発表した。重低音の再生を強化するとともに、最新のBluetoothチップを採用して、接続のさらなる安定化を図っている。発売は12月を予定。

1109 ラディウスが重低音設計の完全ワイヤレス_V700_2

 強靭(きょうじん)で歪みにくく軽量なカーボンファイバードーム振動板を強力な磁気回路で駆動して最適化。パワフルでキレのある重低音を得ている。上位機HP-V700BTは、さらに中高音域の再現を拡張するために帯域特性に優れたBA(バランスドアーマチュア)ドライバーを追加している。新採用のBluetoothチップ「QCC3040」は、接続の安定性や音質を向上した新世代チップとして評価を高めているデバイス。左右チャンネルの電波干渉を抑えて音切れや遅延などを低減する左右同時接続や、データ転送量をリアルタイムで変化させて接続を安定化させるaptX Adaptiveに対応している。

1109 ラディウスが重低音設計の完全ワイヤレス_V700case

 イヤホン本体にタッチして再生/停止や曲送り、音量調整、着信応答などの操作が可能。HP-V700BTは外音取り込み機能も備え、イヤホンを外さずに会話や構内アナウンスなどを聞き取れる。IPX4の防水仕様で、電池持続時間は本体で11時間、充電ケース使用では最長50時間となっている。