デジもの

ケンウッドから片耳ヘッドセット クリアな通話でテレワークにも強い

0329 ケンウッドからクリアな通話の片耳ヘッドセット-sub1

 JVCケンウッドは、ケンウッドブランドの片耳ヘッドセット「KH-M700」(1万1,000円前後・税込み)、「KH-M500」(同7,500円前後)を、4月上旬に発売する。周囲の騒音を抑えた高品位な送話ができる最新マイクを内蔵しており、相手の声も一段と聴きとりやすくなっている。カラーはKH-M700がブラック、KH-M500はホワイト、ブラックの2タイプを用意。

 装着は左右どちらの耳でも可能。通話用に2つのMEMSマイクを使うとともに、最新の伝送技術で周囲のノイズを抑えたクリアなハンズフリー通話ができる。マルチポイントに対応していて、パソコン、スマホとの同時接続もできるので、パソコンでオンライン会議をしながら、スマホで電話を掛けるときにもBluetoothの接続を切り替える手間がない。なおKH-M700は周囲の音の影響を受けにくくするノイズキャンセル機能も備え、テレワーク時の快適な音声コミュニケーションをサポートする。

 操作はタッチポイントが広く押しやすいボタンで行い、通話やリダイヤル、スマホの音声アシスタントなどがワンタッチでできる。イヤーピースは標準タイプと耳介にフィットするサポート付きの2種が付属するが、さらにKH-M700では確実な装着のための耳掛け式フレキシブルイヤーフック、KH-M500にも耳から外れにくくするイヤーフックが付属する。雨や水しぶきが掛かっても安心のIPX4相当の防水性能を確保。電池持続時間は、約7時間の連続通話、約1週間(約164時間)の待ち受けに対応している。