デジもの

ケンウッドから持ち運びしやすいポータブル電源 車中泊や非常時の電源として

News Release

 JVCケンウッドは、ケンウッドブランドでは初となるポータブル電源「BN―RK600」を発売した。ブラックカラーのシンプルなデザインで、アウトドアや車中泊、また停電などの非常時の電源としてさまざまに使える。定格500W以下の電化製品に対応。オープン価格で、市場では7万5,000円前後(税込み)となる見込み。

0730 ケンウッドからポータブル電源-main

 ケンウッドはカーナビや無線通信システムに強いが、それらに通じるブランドカラーのブラックを採用。デザインされたキャリングハンドルやパネルなどで、シンプルかつスタイリッシュな仕上がりとなっている。

 高効率のリチウムイオンバッテリーにより、AC定格500W、瞬間最大1,000Wの高出力を確保。スマホやパソコンのほか家電や電動工具などでも使える。またバッテリーも大容量で12WのLEDライトは約44時間の使用、スマートフォンの充電は約35回もできるという。出力端子は、 AC100V×2口、USB×3口に加えてDC12Vシガーソケットを装備。

0730 ケンウッドからポータブル電源-sub

 本体前面に端子やボタン類を配置。滑り止め付きのキャリングハンドルは、折りたためるようになっている。AC100V×2、USB端子×3、DC12Vシガーソケット。大きさと重さは、幅300mm×高さ192mm×奥行193mm/6.5kg。