デジもの

ヤマハからCDプレーヤーのエントリーモデル USBでハイレゾ音源も楽しめる

CD-S303
CD-S303

 ヤマハは、ファイル音源も気軽に楽しめるエントリークラスのCDプレーヤー「CD-S303」を発表した。ドライブメカからシャーシまで音質強化設計としながら、WAV/FLACフォーマット(96kHz/24bit)も楽しめる。発売は9月29日予定、価格は4万7,300円(税込み)。

 上位モデルの開発で培われた設計、技術を投入。電源部は相互の電気的、音質的な干渉を抑えるためにデジタル、アナログの各回路に独立して供給。回路も高音質に向けて最適化している。

ヤマハ CDプレーヤー 『CD-S303』 カラー:(S)シルバー 希望小売価格47,300円(税抜 43,000円)
ヤマハ CDプレーヤー 『CD-S303』 カラー:(S)シルバー 希望小売価格47,300円(税抜 43,000円)

0825 ヤマハからCDプレーヤーのエントリーモデル-sub1

 定評ある高精度DACをはじめ高品位パーツ類を投入。BDプレーヤーなどにも使われる汎用タイプではなく、CD専用ドライブメカを使用。それを、不要振動を排除する高剛性シャーシに強固に組み込んでいる。

 フロントパネルにUSB-A端子を装備。USBメモリーやデジタルミュージックプレーヤーなどと接続してその音楽コンテンツが楽しめる。音源は96kHz/24ビットのWAV/FLAC形式のハイレゾファイルにも対応。CDだけでなくさまざまな音楽が楽しめる。